オープンしたての風俗に行ってみた

女の子を見分ける楽しさ

普通に生活を送っている中では女の子を選ぶことなんてまずないですよね。人事担当とかなら女の子を選べるかもしれないですけど、それはあくまでも新入社員であって、自分の男としての欲望を満たす相手を選べるわけではないですよね(笑)だからこそ、風俗は貴重なんです。風俗では自分が女の子を選ぶ側になれるじゃないですか。これって相当貴重なものだと思うんですよ。普通じゃ出来ないことが出来る。それだけでも風俗で楽しむだけの価値があるんじゃないかなって思うんですよ。だから風俗は女の子にいろいろと奉仕してもらうのもいいんですけど、ホームページを見ていろいろと選ぶのもまた、好きなんですよね。ホームページとかポータルサイトとか、判断材料も多いじゃないですか。それらを見て、どの女の子にしようか迷う。決定権はこちらにあるので、女の子を選ぶ自由もあるんです。このシチュエーションこそが、風俗がより楽しい理由なんじゃないかなって。

楽なのはなんだかんだ大きい

仮にですけど、デリヘルと他の風俗の快感がほぼ同じとか、女の子のレベルが変わらないのであれば、それはもうデリヘルでいいだろうって話になりますよね。いつでも電話で女の子を呼べるし、時間も関係ないって言っても良いでしょう。風俗店の場合、大抵は0時ですかね。受付終了時間はもっと早いので、少し残業が長引くと無理というか、諦めないといけなくなるんですよね。でもデリヘルなら諦めなくても良いんです。楽に遊べるっていう点こそデリヘルの魅力だし、それにこれは個人的な主観ですけどデリヘルの方が女の子のレベルが高いような気がするんですよね。何となくというか、根拠は自分の思い出でしかないんですけど、デリヘルの方が女の子が良いと感じているので、そうなるとますますお店まで行く理由がなくなっちゃいますよね。そうして、結局は風俗はデリヘル。そんな風潮が自分の中にも出来上がりつつあるんです。それはそれで悪いことじゃないのでいいんですが(笑)