オープンしたての風俗に行ってみた

微乳でも超美人。そんな子でした

ルックスだけで判断するなら、彼女はかなりのものです。これまで自分が相手をしてきた風俗嬢の中ではトップクラスなのは間違いないレベルの美人だったんです。でも彼女、微乳でした。天は二物を与えずという言葉もありますけど、美貌と巨乳の両方を与えることはなかったんでしょう。でも、あれだけ美人なら微乳でも何も問題ないですね。むしろ美人なのに微乳ということで、そのギャップに興奮が高まりました。顔だけを見るとセクシーさもあって、割とそれなりのお気いんじゃないかなと思うような雰囲気だったんですけど予想に反しての微乳。その反動と言うかギャップもまた、とても楽しめた要因の一つかなって思いましたね。いずれにせよ、彼女のような美人と思う存分楽しむことが出来たその日の風俗は大満足のまま終了しました。あれだけ美人を相手に出来たのも満足ですけど、何だかんだでとっても楽しめたので、いずれまた彼女を指名したいなって気持ちでいっぱいですよ。

絶対。それがあるんですよね

世の中に絶対はない。そんな言葉もありますけど、風俗に関しては絶対気持ち良くさせてくれるんじゃないかなって(笑)今まで何回風俗で遊んだのかは分かりませんけど、少なくとも消化不良に終わったとか、つまらなかったなって思ったことはないんですよ。だから、風俗だけは「絶対に」楽しめるっていう安心感があるんです。これって何気に本当にありがたいことだと思うんですよね。むしろ自分でも思うんです。他のことにお金を使うくらいなら、初めから風俗に使った方が良いんじゃないかなって。お金は無限じゃないんです。限られた中でお金を使うなら、納得出来るお金の使い方をしたいじゃないですか。少なくとも、お金を支払った後に「損をした」「使わなければよかった」「これはイマイチだった」とか思うのは自分でも不本意というか、勿体ないじゃないですか。そう思わないよう、自分なりに工夫して楽しませてもらっていますけど、風俗が一番「安心」してお金を使えます。